今は日本茶バー等を運営しながら、バタバタしておりますが、楽しいです。

うーん、人と人、極限の状態になるとネガティブにもなるし、ポジティブになるって思います。
その中で自分がどうやっていくのか?っていうのがとても大切ですね。

自分がやりたい事だけをやるっていうのは違うし、そこに逃げたいと思いがち、そこで自分はどういう選択をするのか?っていうのが大事ですよね。
それをやりながら、自分も生活をしていく。
そういう事を日々積み重ねていった上で自分はどんなふうになるのかな~っていうのがありますね。

でも昔ネットワークビジネスって仲間うちで流行ったんですけど、ネットワークビジネスって本当に誰とビジネスをやるのか?っていうのが結論だと自分は思っていて、でも、絶対に起こる壁というのが、それを乗り越えるっていうのはパートナーを信用できるか?っていうのが一番大事だと思います。
http://ウィルネットワーク株式会社.com/

最近知り合いが始めたネットワークビジネス。

僕はネットワークビジネスはやらないけれど、せっかくやるなら極みへいってほしいと思いますね。

日々努力そして、継続。

継続が一番本当に難しいし、しんどい。

このしんどいっていうのに対して、どううまく対処するのか?っていうのが大事ですよね。

 

初詣は水間観音へ行ってまいりました。

人がとにかく多かったです。
水間観音は屋台とかも出ていて気持ちよかったです。

僕自身運転ではなかった為に、屋台で買ったからあげやたませんなどを食べて、ビールなどを飲みました。

人が多い+寒かったので、風邪を引いてしまいまして・・・

お正月早々、寝込むという事に・・・

大変では御座いましたが、何とか頑張っております。

今日から僕自身仕事始めです。

まずやったことは頭の中の整理、後は整理整頓をし、自分の中でやるべきことのレールをひきました。

このレールを引く作業がまた大変なんですよね(泣)
自分にとって一番大事な作業だったりします。

カメラもやっているので、本当にカメラだけではなく、仕事面において、思うのが構図って凄く大事だなぁ~って事。

自分が制作などの作業をする面において、自分が今まで経験してきた事を全て出し切る作業に没頭し、それ以上の事を出来るのかといわれれば、+1、+2ぐらいがやっぱり限界なんですよね。
腹筋と一緒だと思います。

その腹筋と同じように少しづつ背伸びをする事で膨れ上がったり想像力が爆発したりするんですよね^^

後は、制作外でぼーっと考えてることがいきなり爆発して、これだ!!!!!!!!!!!!!!って言うのが天から降りてくる気がします。

分かりますかね?

それが来るまでは耐えるべきなんでしょうね。

さぁて、これからが今年の始まりです。
今年一年は暴れた倒そうと思っています。
何とぞ、宜しくお願い致します。

 

いやぁ、今年の中で一番12月がバタバタしたのではないでしょうか?

僕は一番バタバタしましたね。

誰も見てないブログですので(笑)

自分の中で僕の一年を振り返ってみたいと思います。
今年一年は、スタートじたいは3月からだったかな~って気がしています。
3月までは仕事はしていましたが、何か気合いが入らず、生活費の為に、仕事をしている感じだったかなぁ~。

3月から、スイッチが入って、WEBサイトを作りまくりましたね。
やっとここからって感じでした。

そこから、内容を覚えてないぐらい、走り抜けたって感じですね。
でも、自分自身まだまだスピードが足りていないのは100も承知で、来年の課題点は既に沢山見つかっている状態ですね。

マーケティングに特化した活動を今年一年できたかな~と。。。

東京にカメラの撮影で遠征もさせて頂けましたし、ぶち切れて、何回かほえたりもしました。

それぐらい今年一年って、真剣に取り組んでいたんだなぁ~って感じますね。

本当に日にちが経つのがあっという間で、何かね、今年一年は何か、生まれてから、一番充実してたかな~。

一杯真剣に考えましたし、このままではあかん。って事で死に掛けたりもしました。

時間とお金の比率だったり、お金で時間を買うって言うことも考えたりもしましたね。

本当に自分はまだまだだなぁ~って痛感しました^^

今年一年このブログを開設する事も出来ましたしね。

アウトプットする場として、このブログはゆっくりまったりでは御座いますが、更新していこうと思っております。

まだまだ頑張りますよ!!

来年も宜しくお願い致します。

 

ネットワークビジネス。

ねずみ講とも言われたり、怪しいお仕事と思われるような職業のイメージが世間一般のイメージ。

今はもうお会いする事もなくなりましたし、勧誘じたいされることはまぁなくなったんですが、何か思い出しましてね。

ネットワークビジネスは怖い(笑)

純粋に。

一種のマインドコントロールと同じだと思うんですよね。
昔ですが、彼女がネットワークビジネスをしていたことがありましてね、元カノですが、強烈でした。

商品の愛用者であり、自分にめちゃくちゃ進めて、自社ビルがたっていたのですが、自社ビルの商品を一緒に見にいったりもしていましたね。

そこで普通に座ってるとおばあちゃんとかとも、普通に話しかけられ、その会社のことについて熱く話しをする機会もあったんですけどね。

何か、偏ってるんです。
皆が皆偏ってるんですよ。

客観視できてないんですよ。
はまりにはまってるって言う感じ。

僕自身マーケッターであり、第三者としてこれはどうなんだ?
とか、客観視する事が非常に大事な生業ですので、客観視した時に、この偏りって言うのに対して、めちゃくちゃハテナマークが点灯したことを覚えております。

はまりにはまってるからこその団結力が凄いのなんの。
これはマーケッターである、僕としては、学ばないといけないことなのかもしれないと、当時思いました。

その団結力にまた、1人1人が心地よさを感じている。
ひもとくと、一番凄いのはそれを手なり足なり動かしているという事なんだが・・・
この裏側については、少しダークになるので、書かないでおくようにする。

元カノ自身、そのネットワークビジネスが原因で別れたんですが、その別れる口実がね。
自称メンター、僕とも面識のある方だったんですが、年齢が60代の方でした。

その方が、ネットワークビジネスをしない彼氏なんて、別れてしまいなさい!!
と言われて、ふられたんですよね。

その当時はショックでしたね。
これがネットワークビジネスの真実なのかね?とね。
こんなやり方がまかり通るのかね?とね。

でも、そこも客観視してしまった自分は、彼女は馬鹿じゃないから、いつか目が覚める。
そうなったときに彼女は自分が突っ込んだお金ややってしまった事、そして、失った時間に対して後悔するときが来る。
必ず来ると何か直感として思えたんですよね。
その時。

その操った人自身の性格を心理的に読めてましたから、この子はきっと捨てられてしまう。
マインドコントロールをかける人間って本当に二パターン居て、良い事に使う人、悪い事に使う人。
悪い事に使う人はね。
良く例にあげられるのがオウム真理教のあさはらしょうこう。

彼はマインドコントロールをかけるのは天才だった。
そして才能も努力も、ずばぬけていた。
しかし、マイナスだった。

その60代の方はマイナスだったと感じたのです。
なので、友達にきっと後悔するときが来るから、見守ってあげてほしい。
俺はもう側にいてあげることが出来ないから。
っていったのを覚えています。
1年後、相談にのってほしかったので、相談するために再開するのですが、結果は何か分からないですが、その後悔する時が来るという直感があたっていたんです。
しかし、もう時間と言うのは待ってくれませんでした。

僕自身も、彼女に魅力は感じていませんでしたから。
こんな昔のことを今日はふと思い出したので、書いてしまいました。

長々と申し訳ないです。

 

一度あるものは、二度ある。
一度犯した過ちは、もう二度としない。
それは過ちと分かっているか、どうか。

痛い目にあったか、どうか。どれくらい痛い目かどうかで、決まる。

と思います。

何故か、人間、失敗を失敗と思ってない。事は治るはずがないという事。
これを最近再認識しましたね。

癖と傾向だったりするんでしょうが、人間、根の部分は変えれなかったりしますよね。

僕も、やっぱり昔と全然変わってないと思いますもん。

そして、二度ある事は三度あるんでしょうね。

でも、仏の顔も三度までって事でしょう。
自分じゃあ理解できない事も確かにあると痛感した数日でしたね。

何かとバタバタする年末ですが、忙しくても、今年の残ってるものは、今年中に掃除しておきたいものですね。
はぁ、まだたんまり残ってます(笑)
頑張って消化しなくちゃ(笑)

頑張ろう。

 

久しぶりに家族と鍋をつつきましたね。

日本人って結構ナイーブな所があって、つつきあうって事が苦手な人も多いのかな~って思うんですが、どうでしょう?

でも、昔ながらの料理になる、鍋というものはそういう概念を振り払う。

好きな人たちと食べてみんなと食べるから、おいしいんだよっていう。

このお鍋という文化って素敵だなぁ~って思うわけです。

お鍋っていうワードに対して、真剣にブログを書く。
これも一種の表現の仕方かな~と(笑)

昔は寄せ鍋からもつ鍋とかいろいろあったけれど、今やトマト鍋や、本当にいろんなお鍋が出回ってますよね。

でもそれっていうのは芸能関係でいう、ものめずらしさから来て本当の意味での支持というのは時間がかかり、それに対して歴史というものがのかかってくるのではないかなと思うんです。

だから、新しいものがどんどん出てきたとしても、長く続くには難しいのではないかな~と。

そういうものがカルチャーとかになっていくのかな~とふと考えてみたんですよね。
ってことは、情報を先取りして、HITさせるのはまぁ簡単かもしれないが、ながく続けるのはものすごい難しいんだなぁ~っとね。

やはり継続と忍耐って言葉はマーケティング部分においては必要不可欠なんじゃないのかな?と思うわけです。
こういうブログも書いてる本人からしたら、面白いけれど、読み手からしたら、あまり面白くないんだろうなぁ~(笑)

 

a0002_004468
とっても、綺麗なイルミネーション、街を歩いていると、サラリーマンの方なども、写真をとったりしています。

この時期になると、もう12月だなぁ~と。。。

そして、今ぐらいの季節から、後半に差し掛かっては、今年一年を振り返ったりしていくんですよね^^

もう皆様は一年を振り返りましたか?

僕はイルミネーションを見ると、同棲してたときを思い出します。

今は、外で働くという事は少なくなったのですが、通勤で自転車をこいで、通っていたとき、冬って寒いじゃないですか。
んで、普段とは違う、町並みにやはりすぐに気がつくようになるんですよね。

で、もう冬か~。
って思っては、彼女と鍋を食べようって思って急いで帰るみたいな(笑)

僕自身、冬が誕生日月と言うこともあり、冬と言う季節じたい、大好きなのかもしれません。
夏より断然冬派ですからね!!

セールも多いし、外から出たくはないけれど、外には人が沢山いる。。。
みたいな矛盾も大好きです。

難波、ミナミとかで働いてて、お正月もバリバリ仕事してたんですけど。

普段、ミナミとかってめちゃくちゃ人が多いイメージがあるじゃないですか。

でも1日って本当に、人っこ1人いない状態になるんです。

何かね、凄く新鮮。

一年に一回ぐらいじゃないですかね。

どこのお店もしまってたりしますから、1日だけは本当に人が全くいないんですよね。

んで、2日になるといきなりセールが始まりますから、人でごった返すんです。

本当に人って場所に依存するのではなく、人に依存するんだなぁ~と思いましたね。

生まれてこの方ずっと大阪育ちですが、大阪のミナミといえば、いついっても、必ず人がいるイメージでしたから。

12月は、大掃除、クリスマス、大晦日、お正月、初詣、三が日と盛りだくさんですよね。

でも、今年一年はずっと仕事しているんでしょうけどね(笑)

頑張ります(笑)

 

UFOキャッチャー。
みなさんは一度はやった事とかってあるんじゃないですかね?

ゲームセンターにある、それです。
何気なく、やってる方とか多いと思うんですが、結構はまると攻略したいと思ってしまう派でして、日夜YOUTUBEを見て、うまい方の動画とかをみまくったものです。
【ぬいぐるみ UFOキャッチャー】
とかで検索をかけますと、たくさんのUFOキャッチャーのプレイ動画が見れます。

で、大半の方はYOUTUBEのチャンネル登録とかしておくと、UFOキャッチャーばっかりのプレイ動画が集まって、たくさん見ていくうちに、自分がいったことのあるゲームセンターと同じ配置だったり、設定のときに遭遇し、【そうやってとったらいいのか~】とか勉強になるんですよね。

UFOキャッチャーってどうやったとしても2000円かかったり、配置された設定によって、どうなるか?っていうのが、はじめの段階でわかってたりします。
そこを攻略し、1回とかでもし、取れたらほんと、スカッとするんですよね。

いったら、スタッフ、僕たち(遊び手)の心理的な戦いが入ってくるんですよね^^

考えすぎかもしれないですが、そうやって行くと、どうしたらうまくなるの?
スタッフさんに、どこを狙えばいいんですかね?
とか聞くと、【あぁその発想なかった。】となります。

上達していくとか、RPGでいう、レベルが上がるって感覚常に忘れたくないものです。

 

試験的に運用されているみたいですが、この広告って言うワードが出ている時点で検索対象者からすれば、クリック率は低下すると思うんです。

あぁ広告か。となるわけです。

広告と言う響きを嫌がるのが日本人。

広告と宣伝と言うのがいやなんですよね。

また営業をかけられていると思うのもいやがりますね。

だから、営業じゃない営業をするという言葉をよく使います。

営業って言うのは買って下さい!!と言うものではなく、その商品のよさであったり、その方に対してその商品がどのようにして必要なのかを模索し提案すれば、必要性を見出してくださり、買ってもらえたりするのではなかろうか?と思うんですね。

って話がそれましたが、アドワーズ広告。
パンチが強烈なだけに、どの業種にどのワードを使うのかによって、費用対効果は全然違います。
僕自身、アドワーズ広告は勉強中の身ですが、この広告を使いこなしてる方は、本物のマーケッターといえると思います。

ただのばらまくといった行為ではなく、ROIまで計算して運用される方も身近にいらっしゃいました。

もうそうなれば、マーケッターとしては無敵ではないかと?

僕自身、そうなりたいと思っていますので、もっと精進しなくてはならないと思うのです。

 

最近クライアントと話していると、よく話題に出てくるようになったのが、イメージコンサルタント。

実はイメージコンサルタントの東京チャプターで前会長をしている神津先生とはお会いさせて頂いた事もあり、お話を伺わせていただいていた。
お会いさせて頂いた時はまだ東京五輪が決まっていなかった。

東京五輪が決まって、今期の流行語大賞にもうなった?候補?
かどうかは定かではないが、「おもてなし」の言葉、その通りの振る舞いをして頂いた。

そりゃ若年層、中年層のみならず、熟年層までも、生徒にいらっしゃると納得できる。

お会いさせて頂いた瞬間から、背筋を伸ばさなきゃと思ったのは正直なお話で、それぐらいもうオーラーが違うかった。

とってつけた、付け焼刃ではあのオーラーは出せない。

皆さん神津先生みたいになりたいと思って、生徒になるのであろう。

あこがれる存在だ。

イメージコンサルタント。
具体的には、個のポテンシャルを存分に高める。
外見術だ。
外見術で言うと、偉い方やお金持ちの方が、身につけているというイメージだが、そのイメージも今後、払拭されると思う。
完全に、中流階層と言う部分は破錠しかけており、下流層と上流層の2パターンになりかけてる日本の情勢において、外見術は下流層が上流層に上る一種のプロセスにもなりかねないと僕自身は感じている。
また今年ファッションの分野に関しては、ヨーロッパの昔のファッションが流行った。その時のファッションはヨーロッパの上流階層のファッションだ。

下流層と上流層の2パターンと言う言い回しをしたが、お金を持ってる持ってないで決めているのではない。
人、つまり個で考えた場合のことと認識して頂きたい。

神津先生の本も出版されているので是非購読して頂きたい一冊だ。
僕も読んだことがあるのだが、女性目線に立ったとき共感できる内容である。
神津先生のHPは下記になります。
イメージコンサルタント養成講座